Counse-rection  カウンセレクションとはあなたが気づき、その後の方向を定める事。

色彩心理・カラーセラピー、マンダラカラーサイコカード、まんだら塗り絵、手相鑑定、タローデ・パリリーダー、グッズ販売など,。

FrontPage

a:19141 t:3 y:13イメージ


ありがとうございます。
Keyです。


画像の説明 画像の説明 画像の説明画像の説明

『Key』という名称は「鍵」の意味も兼ね備えています。

「占い」や「リーディング」というジャンルは、時に「当たる」とか「当たらない」とかでの捉え方をされがちですが、決してそれだけでは無いと感じています。

少しでも早く笑顔になり、自分自身を信頼していただくために・・・


  • 『Key』のサポートは、楽しく、嬉しくなる「鍵」であること。そして、潜在的な中の、新しい扉のある場所を共に探します

  • 『Key』は「占い」や「リーディング」は一つのツールであり、受けられた方の行動がそれぞれのスタンスで結果になる事をディレクションします

  • 『Key』は潜在意識を開き、バランスよく生活するための、キッカケをつくることをめざします


これらを目標にしたものがCounse-rection カウンセレクション」です。




Counse-rection
「カウンセレクションの意味するもの」



Counse-rection カウンセレクションとはKeyが作った造語です。
カウンセリング(counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩み等に対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のこと。

ディレクション(direction)とは方角/傾向/などの意味があります。

セッションをする中で、特に「占い」というジャンルにおいては、せっかく受けていただいても、何となく聴き飛ばしてしまったり、日常に戻る中で、せっかく次のステップに踏み出そうと思った物の、ただの占いだから・・・と元の状態に戻ってしまったりする事も多いと思います。その理由は、多分、見ず知らずの他人から「聴く」言葉ゆえ、自分自身での気づきでは無い・・・と言うのも要因だと思いますがいかがでしょうか?
人は、自分が「気づき」、自分が「変化」を望み、「行動」を起こす事で新しい物や事に出逢えると考えています。ですから『Key』のセッションは一つのツールとして、受けていただく中で、「その時々の考え方」「方位・方向性」などに「気づき」を得ていただけるディレクションというスタンスをもったセッションを心がけております。

それをKeyは、Counse-rection カウンセレクションと呼びたいと思います。





Counse-rection 1

カラー

カラーセッション
色彩心理を活用したオリジナルセッション「マンダラカラーサイコカード」ノンバーバルコミュニケーション(非言語)の一つである色彩心理。色からの言葉を理解し、生活に活用するためのカウンセレクションです。




Counse-rection 2

手相

ハートミラーセッション「手相鑑定」
「占い」というジャンルから視点を変え、「手は心の鏡」という概念を元にしたセッション。手相の変化を見ながら、行動のナビゲーターとして活用できる事が目的のカウンセレクションです。


パームセラピスト養成講座







Counse-rection 3


タローデパリ

タロー・デ・パリ リーディング
「現在の選択と実行によって未来を切り開く」事を軸として、「無意識」と「意識」の橋渡しが出来るタロットカードです。「あなたの選択」がとても重要ですが、多くの選択肢の中から的確にチョイスできるようナビゲーションをしてくれる類稀なタロットカードと言ってもいいかもしれません。より具体的なことを導き出したい方への(将来の方向性、目的、事業展開、才能開花、ソウルメイトやパートナーなど)カウンセレクションです。




Counse-rection example その他

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional